自動車の点検チェックリスト

自動車は事故を未然に防ぐためにも、1日1回の日常点検が推奨されています。特にバスやトラックなどの走行距離が多い車は、必ず点検をした方がいいでしょう。まずタイヤに亀裂や損傷がないか、空気圧をチェックします。タイヤの溝の深さも実は重要なチェックポイントで、溝がすり減っていると車が滑りやすくなったり、パンクしやすくなるので気を付けましょう。ライトがきちんと点灯するか、損傷や汚れがないかもチェックします。エンジンルームをのぞいたら、ウィンド・ウォッシャの量、ブレーキ液やエンジンオイル液の量も確認してみてください。運転席に座ってみたら、エンジンのかかり具合や異音がしていないかとか、低速・加速の状態なども走行前に点検しておくと安心です。ブレーキの踏みしろや効き具合も一緒に確認してください。もしエンジンオイルやウォッシャ液などが少なくなっている場合は補充するようにしましょう。特にブレーキ液がなくなるとブレーキがかからなくなってしまうので要注意です。自家用乗用車なら、洗車や給油とかの前に点検するような心がけましょう。女性や車に詳しくない人の場合は、もし自分で出来ない場合には、整備工場などに依頼してみることをおすすめします。