日頃から行っておくべき点検

日常点検は、洗車時や給油時にドライバー自身が実施できる点検です。ドライブの途中でクルマの故障が起きないように、普段から日常的に点検を行い、必要な整備をやっておくことが大切です。
まず、ボンネットの中から点検します。ブレーキ液、バッテリーの液、エンジンオイル、冷却水及びウィンドウォシャ液の液量を確認し、各液やオイルがレベルの上限と下限にあることを確認します。不足している場合には補給しますが、特に減り方が激しい場合は、どこかで漏れている可能性もあるので、整備工場での点検・修理を行います。またエンジンオイルについては、エンジン始動前か、少なくともエンジンを切手から5分以上たってから確認します。なお、液の補充においては、必ず専用の液を補充してください。さもないと冬季に凍結したりして、故障の原因となります。
次にクルマのまわりを点検します。タイヤの空気圧、タイヤの亀裂・損傷、タイヤの溝の深さや異常磨耗、各ライトの点灯状況を確認します。乗用車のタイヤの溝の深さは、新品で8mmありますが、この深さが4mm以下になったらタイヤ交換の時期だといわれています。なお、溝の深さが1.6mm以下になったら、法律で走行が禁止されています。
エンジン始動後や走行時においても、異音や異常な振動がないことを確認します。異常があれば、事故になる前に、速やかにディーラーや整備工場での点検・修理を行います。

Filed under: 未分類 — てんてん 10:46 AM